ホーム > 2009年 > | 古典文学 > | 活動記録 > | 転送 > 「平家物語を読む」の第2回目

「平家物語を読む」の第2回目

シニアSOHO世田谷のみなさん
ITサロンせたがやのみなさん
ITサロン勉強会ご参加のみなさん

こんにちは、生田です。

やっと九州で開花宣言。

大変お待たせいたしました。
「平家物語」の第二回目のご案内です。

あちらこちらから「2回めはいつ?」とのありがたいお声。感謝申し上げます。
ほんとにほんとにお待たせいたしました。

第一回目は、第1巻から「平家の興隆」を、平家琵琶や謡曲などの演奏も取り入れてお楽しみいただきました。

第二回目は、 「祇王」です。

権力の頂点に上り詰め、驕り昂ぶった平清盛(あくまで『平家物語』の語る清盛像です)の勝手気侭な振る舞いの一例として、祇王以下3人の白拍子に対する清盛の得手勝手な振舞と、祇王の母親を含む4人の友情を描く章段です。

前回同様、ゆっくりしたテンポの平家琵琶(平曲)の演奏を楽みいただきます。

いつもながらのCDを用意いたしますので、ご参加の方事前にご連絡をいただけますように。
また、ご友人さまお誘い合わせのうえお出かけいただけますように。お待ちしております。

時  間 : 18時30分~20時30分
参加費 : 1500円(シニアSOHO会員割引あり)

なお、第三回は5月14日「俊寛」を予定しております。
清盛に反抗しようとして事前に発覚、鬼界が島に流された俊寛の有名な悲劇を、
歌舞伎などにも言及しながらご説明いたします。

heike-2.jpg

ホーム > 2009年 > | 古典文学 > | 活動記録 > | 転送 > 「平家物語を読む」の第2回目

ページトップへ