ホーム > 2009年 > | 活動記録 > | 転送 > 「第一遣米使節日記」

「第一遣米使節日記」

シニアSOHO世田谷のみなさん
ITサロンせたがやのみなさん
ITサロン勉強会のみなさん

                              こんにちは、生田です。

「第一遣米使節日記」―77人のサムライが味わったカルチャー・ショックー

今年は、横浜開港150年。横浜では祭りが行われています。

今からちょうど150年前に日米和親条約批准書を持って、総勢77名のサムライが初の遣米使節団として日米修好通商条約批准書交換のため海を渡りました。 
随行は勝海舟が船長の咸臨丸である。
米国各地で熱狂的歓迎を受けた彼らの旅。

この使節の副使である村垣淡路守範正の日記を、米国側の報道と合わせてご紹介いただきます。
日記を通して、長い鎖国後の異文化に触れた時の有様。
ユーモア・センスもあるスケッチなどご紹介。
併せて、小林巽氏の海外駐在員時代のお話もしていただきましょう!

◇日 時:8月27日 18:30~20:30
◇講 師:小林 巽 氏(当会の代表理事)
◇参加費:1,500円(当会会員割引あり)

※CDを作成いたしました。ご参加の方事前にご連絡をいただけますようにみなさまお誘い合わせのうえお出掛けくださいませ。
お待ちしております。

kenbeisi.jpg


生田様

「遣米使節日記」のお話とても面白く聞かせていただき1時間半があっと言う間に過ぎてしまいました。
この種の機会はめったにありません。両国間のカルチャーショックの大きさを乗り越えて初期の目的を果たした武家諸侯の成功物語を支えたいわば裏物語だけにその歴史的な価値もまた大きい物があるように思いました。

小口

 

ホーム > 2009年 > | 活動記録 > | 転送 > 「第一遣米使節日記」

ページトップへ