ホーム > 2010年 > | お知らせ > | 活動記録 > | 転送 > 特別講演会「スマートフォンとタブレットが作り出す未来」記録

特別講演会「スマートフォンとタブレットが作り出す未来」記録

1.第13回SOHOフェスタ

2.三鷹産業プラザ7階特設会場

3.11月19日(金)13:00~14:00

4.講師:大谷 和利氏(NPO法人MOSA副会長)

5.SOHOフェスタHPの呼びかけ分:
スマートフォンとタブレットデバイスの台頭は、確実に私たちの生活、ビジネス、そして社会を変えていこうとしています。そこで今後、人々はアクセスする情報の種類やT.P.O.に応じて、どのようにITを活用するようになるのかをお話しいたします。

講演要旨

☆ 2010年出荷台数予測

  • スマートフォン 2億6940万台(IDC前年比554%増加)
  • タブレットデバイス(メディアタブレット)

1,100万台(ABI Research)

1,250万台(Canby’s)

2014年には累計6,600万台(Canby’s)

☆ 世界バレーでもiPadが活躍 味方と敵のプレーをコーチがその場でデータ化

iPhoneを電話として使っている人は少ない それぞれの人がそれぞれの使い方

ブログを書くバレーダンサー パイロット(現地の気象状況)

☆ アプリは30万以上と言われている

iPadは電子書籍のためだけにあるのではない

アイデア→アプリを探す

お財布ケータイ 世界中で使えるようにする

☆ The web is dead.(by Chris Anderson of Wired Magazine)

  • ブラウザを通していた→わざわざwebに行かなくてもよいようにしよう(アプリを通じて)
  • ポイントは消費者が探すようになる

☆Forester Reserch

  • 米企業のCIOの62%がモバイル技術への対応を最優先課題に
  • 48%の企業がエンタープライズアプリケーションのモバイル化を計画
  • 37%の企業がモバイルアプリケーションに関心がある→フイットするアプリを探す

☆ 応用分野

  • ワイルドサービス(社外での技術サービスなど)
  • 営業
  • ビジネスインテリジェンス(経営分析など)
  • コンピューターを使ったディスプレー(その場に購買意欲を出すちょっとした工夫)

☆PC iPhone iPadの違い

  • PC/Mac は万能だが使いこなしが難しい
  • iPhoneはポケットに入るコンピューター(しかし誰もコンピューターとは思はない)

手軽でどこにでも持って行け 電話「も」かけられるコミュニケーター

  • iPadは、対面して情報を共有するのに最適なツール あらゆるメディアが集約されている

教科書→電子化(大谷大)

面白さ=ページの概念がない Inking  電子書籍だから一章毎に買える(→売り方)

☆MSのビルゲイツ会長談

「近い将来人々は二つのデバイスを持ち歩く 一つはフルスクリーンタブレット。一つはポケットサイズデバイス。その二つを使い分ける。」

☆ 文具王 高畑 正幸さん

プレゼンテーションや喫茶店での打合せなどの時対面するとき相手に見せるツール

ドキュメントスキャナーの活用 エバーノート

iPadでレストランメニュー 美容室での髪型 筆談アプリ

☆ マルチタッチのタブレット

  • 年齢が高いほどiPadの購入時期が早い
  • 30%がiPhone3GSの時に購入
  • iPadのみのユーザーが過半数
  • 年齢が高いほど「サイト」より「アプリ」を利用
  • アプリは口コミ促進 継続利用に強い

☆ 今後の展望

  • タブレット 4割
  • iPad 3割が女性 1割を主婦
  • 伏兵としてiPod Touch iOSデバイスの1億2千万(2010年9月)の内4割がiPod Touch→事実上のライバル製品がない ユーザーの約7割が13~24歳
  • iPhoneは74%が25歳以上
  • WiFiスポット、無線ルーターの普及次第ではさらに伸びる可能性も…。

ホーム > 2010年 > | お知らせ > | 活動記録 > | 転送 > 特別講演会「スマートフォンとタブレットが作り出す未来」記録

ページトップへ